クソ雑魚エンジニア生存戦略

あくまで戦略なのでこれで上手くいくかはわからない。

クソ雑魚エンジニアを自称しているけど、まあそこまで雑魚でもないとは内心思ってる。でも俺より強いエンジニアはごまんといて、自分より強いものに出会ったときに人は己を弱いと認識するものだ。この世界で俺がいちばん強くなることはないだろうから、この先ずっと自分は弱いと思いながら生きていくんだろうなぁ。

強いエンジニアになりたい。なんでかってだって楽しそうだから。自由に技術を、ツールを、知識を操れるのは楽しい。己に身につけた力を振る舞うことは楽しい。はず。それに、わからない、できない、はストレスだ。できた時、わかった時の喜びを語るのは勝手だけど、その前にある、わからない、できない、を無視することは良くないと思う。楽しさって自由なことそれ一つなんかじゃないし、強い弱い、自由不自由で全て決まらないけど、楽しく働きたいからね。だから強くなりたいと思うんだよね。

強くなるために勉強するんだけど、続けることって難しい。続けるにはコツがいる。1時間でいい、30分でいいからやる。15分でもいい。しんどい時はやらない。続けることのハードルは下げても良い。でも続けることは止めない。続けることを習慣にする。3食ごはんを食べるように、夜寝るように。あと、理想はがんばらないこと。好きなことはがんばる。仕事でもプライベートでも。でもそうじゃないならがんばらない。がんばらないことを続ける。がんばることを習慣にしない。だってがんばるのって疲れちゃうから。でも習慣にすることはちょっとがんばる。

いつまでたっても弱いままかもしれない。けど続ける。どれだけやっても満足することはないんだろうな。でも満足するためにやってるわけじゃないから大丈夫。なんかよくわかんないけど、いつもやってるんだよね。いつかそういう風に思えるように続けるんだ。

鍛治(たんじ)君が言ってた。「何をどれだけできようとも、俺たちに十分は無いんだ。」1って。

どこまでやれば十分かわからないこと、どれだけやったら十分かわからないこと、は続けるのは辛いんだよね。でもどれだけやっても十分はないってわかっちゃうとそれがすっかり楽になる。だって全力で走り続けるわけじゃないし、今日も明日もその次の日もがんばらない程度に続ける。それならできると思うんだよね。

戦略っていうよりは心の持ちようだね。

上手い事言っているようで大体はハイキューが元ネタです。


  1. ハイキュー!! 44巻 第386話 自由